EMCA (NPO法人)EAPメンタルヘルスカウンセリング協会は、EAP資格の認定と従業員支援プログラムを担うEAPメンタルヘルスカウンセラーを育成し、働く環境の改善に貢献してまいります。

システムズ・アプローチ講座

システムズアプローチ講座

EMCAアカデミーにおいて「システムズ・アプローチ」は、中核となる学びとして必修科目に位置づけられています。
なぜならば、システムズ・アプローチは、EAPの支援現場で求められる短期問題解決に非常に有用なものだからです。

会員の皆さんが、実感されているであろう「現場で使えるEAPならではのスキルを備えていたい」という思いを叶えるために、深く体験的に学び、現場で応用実践できるレベルでシステムズ・アプローチを身につけていただくことを目的として、第2回目の講座をリリースします。

募集要項

学習時間 12時間 (6時間×2回)
eMC資格更新ポイント 24pt付与
受講料 EMCA会員 31,104円(税込)
9月クラス

セッション① : 2019年9月21日(土) 10:00~17:00 (休憩60分)
セッション② : 2019年9月28日(土) 10:00~17:00
会場: リカレント新宿 〈定員18名〉

初回はアッという間の満席となり、受講した方からは「問題解決しなくていい、それがとにかく新鮮だった」「とてもユニークな考え方で、事例も豊富で実に勉強になった」など、大好評でした。

もっと多くの方にシステムズ・アプローチの魅力を知っていただき、身につけていただきたい、そんな思いを石川先生がビデオメッセージで伝えてくれました。ご覧下さい!

講師

石川裕理 (EMCA協会理事)石川裕理 (EMCA協会理事)

<講師プロフィール>
臨床心理士。EAPコンサルタント。日本、アメリカの大学院にて臨床心理学を修了。 REBT(論理療法・人生哲学感情心理学)、精神分析、交流分析、家族療法、ターミナルケア(死に直面した人への心理援助法)などを学ぶ。
現在は石川裕理心理相談室の室長として個人へのカウンセリングを行う傍ら、精神クリニックにて、グループセラピーの講師としても活動。 相談・コンサルティング総合サイト「オールアバウト・プロファイル」登録心理カウンセラー。

講座概要

- 講座のねらい -

EMCAでは会員の皆様に「短期カウンセリングができるカウンセラーであること」を期待します。特に企業や「働く人」を支援する現場では、多忙な人が多いことや「スピード感」が求められるからです。
また、医療機関での治療的カウンセリングではなく「サービスとしてのカウンセリング」ですから、カウンセリングを利用することの「楽しさ」や「問題が解消する手応え」も重要です。

システムズ・アプローチは、「個人の心の成長」ではなく「システムの変更による問題解消」を目指します。それは目に見える変化です。
この考え方を確実に身につけることによって、短期カウンセリングでの目標達成が可能になるでしょう。

1回目「最新システムズ・アプローチ徹底理解」

・システムズ・アプローチはなぜ有効か
・「心の成長」を求めないカウンセリングの利点
・システムズ・アプローチの対象
・システムズ・アプローチの基本ルール
・情報収集の仕方

2回目「システムズ・アプローチによる職場のコミュニケーション改善・実践方法」

・問題の「無力化」と「無害化」
・システム変更のための「細分化」
・システム変更のための「逆説介入」
・システム変更のための「ユーモア」
・事例によるグループ検討
・システムズ・アプローチによるカウンセリング演習

お申込み

お申し込みはこちら >

お問合わせ(メールにてお願いいたします)

EMCAアカデミーサポートデスク/中川
nakagawa@emca.or.jp

協会へのご質問・ご相談お問い合わせ info@emca.or.jp

Copyright © EAPメンタルヘルスカウンセリング協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.