EMCA (NPO法人)EAPメンタルヘルスカウンセリング協会は、EAP資格の認定と従業員支援プログラムを担うEAPメンタルヘルスカウンセラーを育成し、働く環境の改善に貢献してまいります。

EMCAオフィシャル研修プログラム

公募のねらい

この公募は、EMCA 会員の皆様が、地域や職場でメンタルヘルスケアの普及のために積極的に活動いただ くことをサポートしたいという願いと目的のもとに行います。応募作品からEMCA 協会が優れたプログラ ムに認定を与え、「EMCA オフィシャル研修プログラム」として、会員の皆様に活動支援の材料に使ってい ただけるようコンテンツ(教材)を提供する、というものです。



【応募方法】
募集終了しました。ご応募ありがとうございました。

■応募に関して
メンタルヘルスケアに関連する研修ができるようなプログラム(教材)を制作してください

  • 所要時間が60 分~ 90 分くらいになるもの
  • テーマ・内容はメンタルヘルスケアに関するものなら自由ですが、研修講座を提供する対象としては、主に地域の一般市民や、企業の中で内部EAP として実施することをイメージいただくとよいかと思います。
  • 体裁は、Power point もしくはWord などで作成をお願いします。
  • 応募された方は規定によりeMC 資格更新ポイント4P を付与。
  • プログラムが採用された方には、コンテンツ起案料3万円と表彰状・記念品を授与。
■審査や発表
  • その内容がメンタルヘルスの予防・向上などに貢献していると評価される作品をEMCA 理事会の審査により選出いたします。
  • 入賞作品は3本ほどを予定。
  • 発表・表彰は6 月の第6回EMCA 総会において行います。
  • その後、選出プログラムに対してEMCA によるテクニカルサポートを提供し、プログラムを完成させていただきます。
  • 著作権は、EMCA とコンテンツ起案者の共同版権といたします。
■コンテンツの使用に関して
  • このコンテンツで研修講座を開催した場合、受講フィーは自由に決めていただいて結構です。
  • EMCA よりご提供するのは、研修プログラムのデータ(Power point とPDF)となります。

EMCA会員の誰もが、地域や職場でメンタルヘルスケアの普及を担う ファシリテーターとして活用できるEMCAオフィシャル研修プログラムを皆さんより公募。

採用されたEMCAオフィシャル研修プログラム3本が、テクニカルサポートを加えて無事に完成しました。 
お勤めの職場や地域での支援活動にぜひお役立てください。
3研修の内容と運用につきましてご案内します。

■EMCA オフィシャル研修プログラム利用について■

すべての会員の皆様のご利用が可能です(無料)。 ご利用の際には必ず「EMCA オフィシャル研修プログラム運用研修会【映像版】」を視聴いただく 必要がございます。

  • 1.下記フォーム より お申込み     

    お申込み

  • 2.事務局より用途や開催予定についておうかがい
  • 3.研修教材をお渡し
  • 4.実施
  • 5.終了後、報告をいただきeMC ポイント証発行

※「EMCA オフィシャル研修プログラム運用研修会【映像版】」を視聴いただき、その旨をEMCA 事務局までお知らせいただくとeMC 資格更新ポイントが20P 付与されます。
※研修を実施するとeMC 資格更新ポイント4P 付与※教材は研修先によって部分カスタマイズが可能です。ご相談ください。
※ EMCA の支援活動として以外の教材の転用は禁止です。

Program1

カリキュラム起案者
宇田川由紀さん
イオンディライトセキュリティ(株)人事部
コミュニケーションがすべての鍵
[対 象] 企業の方や人事、介護職、地域の一般市民など
[時 間] 90 分~ 120 分
[概 要] 人生において、集団生活は避けて通れません。ハラスメントやいじめ問題など人との衝突の原因は、コミュニケーション不足が原因の一つと考え、それによってもたらされるメンタル不調を回避軽減するためには、コミュニケーションを通し信頼関係を築くこと。過去と他人は変えられないので、自身のモチベーションやアプローチを変えコミュニケーションを図れるようになりましょう。 

Program2

カリキュラム起案者
北見利子さん
老人介護施設支援員
新人介護職の離職予防
メンタルヘルスの視点から
[対 象] 福祉・医療業界の新人育成担当者施設長など、ケアスタッフの管理監督者
[時 間] 最短90 分、グループワークのボリュームで研修時間の調整が可能
[概 要] 福祉施設や病院などは、ケアスタッフの新人育成に常に時間を割いている現状があります。現場の管理監督者が新人のストレス、自身のストレス、職場のストレスを理解し、メンタルヘルスの視点を持ち、面談技術の向上を目指す導入のプログラムです。

Program3

カリキュラム起案者
白石節男さん
富士通(株)サイバーセキュリティ事業戦略本部
職場でのメンタルヘルス対策とメンタルヘルスカウンセラーの活用
[対 象] 企業の方、全業種
[時 間] 60 分
[概 要] 職場でメンタルヘルス不調者を出 さないために、メンタルヘルスカウンセ ラーは何ができるのか、社員一人ひとり は何をすべきかを、メンタルヘルス不調 の実態、不調発生メカニズム、メンタル ヘルスカウンセラーの役割を含めて紹介 します。

協会へのご質問・ご相談お問い合わせ info@emca.or.jp

Copyright © EAPメンタルヘルスカウンセリング協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.