EMCA (NPO法人)EAPメンタルヘルスカウンセリング協会は、EAP資格の認定と従業員支援プログラムを担うEAPメンタルヘルスカウンセラーを育成し、働く環境の改善に貢献してまいります。

支部制度ご案内



■全国支部会設立の目的

協会ビジョンとして掲げる地域における活動基盤となるべく、2021年7月1日よりEMCA全国支部制度を発足させました。会員相互間のコミュニケーションや研修を通じた個々のスキルアップに止まらず、地域における会員活動のベースとして今後発展させていきたいものです。  

■全国支部会発足に当たっての基本方針

1. 地域社会にこころの健康セーフティーネットの構築を 2. 会員同士の相互交流及び相互研鑽の場を提供 3. 支部会活動を会員のEMCA協会活動への窓口に

支部の構成

  初年度は会員の所在地別に全国を3ブロックに設定、各ブロック2エリアから開始とします。    

■支部の詳細

 

関東ブロック東京ブロック西日本・神奈川ブロック
KANTO

関東ブロック

東関東・東北エリア

東京都東部10区(※)・千葉県・茨城県・東北地区:岩手県・宮城県 ※東部7区+中心部3区 足立区・荒川区・台東区・葛飾区・墨田区・江戸川区・江東区・千代田区・中央区・港区

北関東・信越エリア

埼玉県・群馬県・栃木県・新潟県・長野県

 

MOTTO

支部のモットー

【モットー】  Heart Innovation ~支部会から新たな価値を!~ 
【行動指針】 自分のため、あなたのために一歩を踏み出そう! 

支部モットーに込められた思い

EMCA関東ブロックでは、20218月上旬に支部会の活動計画説明会を3度に分けてzoomで開催し、その際、支部モットーの募集を行いました。結果、計35件の応募をいただき、各役員が1番=3点、2番=2点、3=1点として投票し、合計点で順位を決定しました。特に高得点だった以下の3つについて、意味合いなどを改めて応募者に確認した結果、第1位のものが支部活動を推進する意気込みが感じられ、旗印にぴったりとの意見で、モットーに決定しました。さらに、第2位、第3位のものも活動する上での具体的な考え方を示していたため、若干得点が勝った第2位のものを行動指針として、モットーと一緒に掲げていこうとの意見で一致しました。

1位: Heart Innovation ~支部会から新たな価値を!~ 
2位: 自分のため、あなたのために一歩を踏み出そう! 
3位: Go for you ! 一人ひとりの心に寄り添うeMC®へ 

 

GREETING from Branch chief

支部長からの挨拶

関東ブロック

佐藤隆一 さん

昨今のインターネットやITの進展に伴い、社会の変化のスピードは過去にない速さになっています。これらの環境変化を上手く活用し、大きな成長を遂げている人が出ている反面、変化に追いつけず強いストレスを感じている人が続出し、更にはコロナ禍や自然災害の頻発も追い打ちをかけています。EMCA支部活動を通じて、倒れそうな人や前に進むことができない人に寄り添う、社会のセーフティネット構築を、皆さんと一緒に行っていきたい。

 

 

 

GREETING from vice 

branch manager

副支部長からの挨拶

関東ブロック

東関東&東北エリア

副支部長

高橋 和裕 さん

コロナ禍で人の心が荒れている時代。今、我々はeMCは何ができるのか、どうすればより良い明日を創れるのか、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

 

 

関東ブロック

北関東&信越エリア

副支部長

岸 美咲 さん

この度、「関東ブロック 北関東・信越エリア 副支部長 」に就任させていただきます、岸と申します。 初めてのことで、わからないことが多々ありますが、EMCAはこれからの社会において、とても重要な資格だと感じています。 より多くの方々が資格取得ができるよう、また現在資格を取得されている会員様が安心して活動できるよう、支部役員を通して少しでも貢献していきたいと思っております。宜しくお願い致します。

 

 

GREETING from Branch members

支部役員紹介

 

 

 

 

 

 

 

生駒伸江さん —会員サポート担当
現在二児の育児中です。自己一致した気づきが日々に変化をもたらしてくれると信じて、精進して参ります。微弱ながらお役に立てれば幸いです。

小野瀬 茂さん —会計担当
前職では労働組合の役員として間近でメンタル不調者を見て非力さを痛感、メンタルヘルスの勉強を始めました。労務管理トラブルと喋りに関しては何でも聞いて下さい。 

五月女亜由美さん —広報案内・IT欠用担当兼務
インプット(学び)・アウトプット(実践)の両面で、会員の皆さんが自己研鑽を継続できるよう、企画・運営に貢献したいと思います。

田口裕美子さん —企画担当
微力ではございますが会員の皆様の幸せを願い、力の限り頑張らせていただきます。よろしくお願いします。

橋川由美子さん —ポイント管理・監査担当兼務
「皆さんのお声を大事にし、フラットな組織を」これは私が支部委員として活動していくにあたり軸となるモットーです。会員皆さんのお声が必要です。ぜひ一緒にフラットなEMCAを目指しませんか。

支部の持ち味

関東ブロック役員会の特長は、何と言っても「フットワークの良さ」だと思います。役員会の中では、「歩きながら考えよう」との会話が合い言葉のように何度も出てきます。とにかく前に進んでいかなければ善し悪しが分からない、行動してだめだったなら軌道修正すれば良い、という考え方が、フットワークの良さにつながっていると思います。

また、役員の皆さんの本業と支部活動との両立を図っていくために、役員業務の負担軽減や効率化についても議論しています。役員会は毎月1回、効率的に行うために事前に相談事項のレジュメを配布し、極力1時間で終わらせる工夫をしています。その他、タイムリーに相談する必要があることはグループLINEを活用しています。

 

ACTION PLANS

2122 支部の活動計画

関東ブロックでは、勉強会と情報交換会を支部会の中核活動と位置づけています。情報交換会は毎月月末に開催、勉強会は月に最低でも2テーマの実施を目標に企画・実施をしています。勉強会・情報交換会ともに基本的に190分を原則に、平日は働く人も参加しやすい時間帯(19時半~21時または20時~21時半)で開催をしています。(土日祝日は任意設定)

また、会員の実践活動を行う機会に関する情報収集も兼ねて、各種施設等へのヒアリングを計画しています。コロナ禍の折、具体的な行動は少し時期をずらして行っていこうと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


(図)

TOKYO

東京ブロック

西東京エリア

東京都西部13区

多摩エリア

東京都市部・三多摩・山梨県

 

MOTTO

支部のモットー

Lets take the first step!” ~誰もが心の専門家~

支部モットーに込められた思い


支部モットーについての意見交換では、「多くのeMC会員が、努力して取った資格を活かしたいと思いながらも次のステップに悩んでいる」という点に注目、この状況を変えていきたいと考え、有名なキング牧師の名言 ”take the first step”を引用して、「支部の仲間と一緒に『はじめの一歩』を踏み出そう、という前向きな気持ち」を表現しました。また、「自分の心の悩みに対する一番の専門家は自分自身」というカウンセリングの基本姿勢を踏まえて、「誰もが自分自身の心に寄り添える専門家でありたい」との願いも乗せたモットーになりました。

 

GREETING from Branch chief

支部長からの挨拶

東京ブロック

獅子野正昭 さん

私のミッションは『この国に、未来に、人の心に火を灯す!』です。 これから東京支部会員の皆様と共にカウンセラー活動を通して東京中に火を灯していきたいと思っております! その前提として、まず何より東京支部の皆様が今までよりずっと楽しく、元気に、幸せに思う存分活動できるようにすることが必要です。 そのために微力ではありますが、組織経営スキルという強みを活かし、貢献してまいります。

 

 

 

branch manager

副支部長からの挨拶

東京ブロック

多摩エリア

副支部長

藤原公子 さん

私のビジョンは、「誰もがイキイキと自分らしく笑顔で生きていきやすい社会を目指す」です。そのためには、「1家族に1人」家族以外の信頼おける第三者の存在が必要と考えています。地域の行政と連携して、そのような活動ができればと思います。支部役員としてというより、人として、どのような場においても大切にしたいことは、「安心・安全・ポジティブな場づくり」を大前提に心がけています。

 

東京ブロック

西東京エリア

副支部長

伊藤俊彦 さん

メンタルヘルスカウンセラーの資格を取得したあと、薬剤師として患者と接する際、大きな変化がありました。それは患者が感情を表に出すようになってきたことです。特に外国人労働者は、多くのことを我慢して生活しています。我々の活動が認知されること、EMCAを大きく強くすること、それが多くの患者や家族のためになるという想いを持って、今回一歩踏み出してみました。今回の支部制度を皆さんと一緒に作り上げていきたいと思っています。

 

 

GREETING from Branch members

支部役員紹介

 

 

 

 

 

 

 

佐生知嘉子さん —会計担当
産官学と様々な業界での勤務経験、そこで培った人脈を活かしメンタル業界と他業界との橋渡し役として邁進したいです。わずかながらお役に立てられる何か、を見つけられたら幸いです。

 

千住勝美さん —監査担当
eMC資格を取得後、存分に活かす機会や場所を得ることができていない方、多くいらっしゃるのではないでしょうか? 皆さんの将来の活躍に繋がる交流や学びの機会を提供できたらと思います。 

 

林 香奈さん —監査担当
「話を聴いてもらう」を多くの人に経験してもらいたいです。その”誰か”に選んでいただけるよう、EMCA活動を周知するために何ができるか、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

三國泰伸さん —運営周り担当
会員同士の繋がりを深め、情報共有やスキルアップができ、取得した資格を活かせる場を増やすことで皆さんのお役に立てるよう取り組みたいと思っています。

渡辺賢二さん —広報・会計担当
高校卒業までいつも見ていた熊本城 。復興へ一歩一歩進む姿を東京から見守っています。縁あってこの仲間たちと、無理しすぎず、 自分らしい生き方を見つけられるといいなと思います。

支部の持ち味


時節柄、対面での顔合わせはまだですが、既にお互いをリスペクトする気持ちに裏付けられた安心・安全・ポジティブな空気感。打合せでは一人ひとりが良く聴き良く話し、言いっぱなしや決めつけ、否定をしない、困難に直面してもそれを理由に止めるより実現に向けて課題の克服を楽しむ(!?)、そんな雰囲気すら感じる役員会です。イベントでは運営係に徹してしまわず、自分たちも参加して楽しもう!という気持ちで活動していることも特長かもしれません。

 

ACTION PLANS

2122 支部の活動計画

ざっくりしたところでは、学びの場、実践の場、そして交流の場、を提供できるようなイベント活動を年間に3-4回開催したいと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

EASTNIPPON KANAGAWA

西日本・神奈川ブロック

神奈川エリア

神奈川県

西日本エリア

東海地区   :愛知県・静岡県・岐阜県・三重県 北陸地区   :富山県・石川県・福井県 西日本地区  :大阪府・京都府・滋賀県・奈良県・兵庫県・山口県・香川県・福岡県・鹿児島県 」

MOTTO

支部のモットー

Ⅰ. 支部会員のスキルアップ ⇒ 個人で活動できるレベルまで
Ⅱ. メンタルヘルスという言葉を地域・職域に広める啓発活動

支部モットーに込められた思い

EAPメンタルヘルスの資格取得に向けては、養成講座や会員同士の研鑽の場で、資格取得後は、EMCAの各種講座やセミナーなどでの継続的な学びや、多少の経験を積んではいるものの、会員の多くは、資格取得後に、資格や学んだことを日常の業務や日常生活、或いは、キャリアアップ・キャリアチェンジに活用できていないという現状に直面しています。今後、会員の皆様が、その形は違えど、EAPメンタルヘルスカウンセラーとして活動・活躍していくには、まずは、最低限のスキル習得、スキルアップが必要だと考えます。

具体的には、試験後、カウンセリングから遠のいている方々には、カウンセリングのスキル・雰囲気を思い出して頂くことを1stステップとし、実務に近い形を想定し、40分程度のカウンセリングを体験し、できるようになることを目指します。会員の中には、将来的に独立したいという思いをお持ちの方も多くいらっしゃいます。少しでもその思いにお役に立てれば幸いです。

また、資格取得後の会員の方々の大きな悩みの一つである、“資格を活かせる場がない”という課題に対し、“メンタルヘルス”の理解と必要性をもっと世の中の人々に広めるための活動をしていきます。

 

GREETING from Branch chief

支部長からの挨拶

西日本・神奈川ブロック

支部長

伊藤伸之さん

世の中の環境は目まぐるしく変化しています。更に最近ではコロナ禍の影響も受け、働き方も大きく変わって来ています。そんな中、メンタルヘルス不調を訴える人たちが増加していますが、その受け皿となる相談者(カウンセラー)の存在を知らなかったり、ストレスコーピングを上手く行えない人たちが多くいます。そんな方々が気軽に相談できる環境を構築することを目的に、活動を行っていきたいと考えています。

 

 

 

branch manager

副支部長からの挨拶

西日本・神奈川ブロック

神奈川エリア

副支部長 小野 勝弘さん

初年度なので、次年度以降につながるような活動をしていきます。本部とは被らない領域の学びの場と、コミュニケーションを重要視したいです。

 

 

 



西日本・神奈川ブロック

西日本エリア

副支部長

亀山 絹美 さん

新型コロナウイルスの感染拡大という未曾有の事態に直面し、生活面や健康面の不安からのストレスから、心の不調に関する問題の深刻さが、今まで以上に増していると感じています。この状況下だからこそ、支部のメンバーみんなで一緒に学びながら、一人ひとりが兼ね備えた高度な知識と実践力をもって、問題を抱える一人ひとりの思いに寄り添いながら、サポートしていくことができる支部に成長していければと思っています。

 

 

GREETING from Branch members

支部委員紹介

 

 

 

 

 

内野哲也さん —広報担当
人とのつながりを大事に、資格取得がゴールではなく、スタートとなれるような協会、組織作りに貢献できれば幸いです。地方と東京(首都圏)の距離感を縮めたいと考えています。

大久保寛子さん —監査担当
支部活動を通じ、EAPメンタルヘルスカウンセラーの認知度アップや活動の場の拡大のお手伝いができればと思っております。

笠原章嗣さん —全体サポート担当
日々担当業務をこなしながら習得したEAPスキルで社員のフォローに務めています。この機会に感謝し、より一層対人スキルの向上に努めていきたいとおもっております。

藤田大樹さん —IT系担当
EMCAへの参加の価値を高めることに少しでもお役に立てたら嬉しいです。個人的には、今後も愛知県弁護士会とのコラボ企画等、企画を作っていきたいと思っています。

 

支部の持ち味

西日本・神奈川支部は、他の2つの支部と比較しても、対象範囲が圧倒的に広い支部です。その中で、支部役員も神奈川、静岡、愛知、岐阜、京都、大阪、福岡、佐賀等と居住地域がバラバラなのはもちろん、職業や経験、eMC資格取得時期、年代もバラエティに富んでいます。幅広い人脈をお持ちの方、IT系に強い方、数字に強い方等、様々であり、それぞれの特徴・特技を活かし、支部役員会の中での役割分担も自然に決まりました。

 

 ACTION PLANS


2122 支部の活動計画

西日本・神奈川ブロックでは、初年度の活動として、以下を計画しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

活動報告

 

協会へのご質問・ご相談お問い合わせ info@emca.or.jp

Copyright © EAPメンタルヘルスカウンセリング協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.